DHの声
T&Rデンタルクリニック(大阪府)にお勤めの吉垣理恵さん

患者さんの口腔内がキレイになって、毎回染め出しが楽しみなんです

こちらで紹介した松井さんの担当DH、吉垣理恵さん(T&Rデンタルクリニック)。「治療して終わりではなく、将来的に良い状態でいられるようにサポートしていきたい」という想いから、患者さんが自分で歯を守っていけるよう積極的に働きかけています。

長期的に患者さんの健康を考えて、心掛けていることは何ですか?

“自分でケアできる”と知ってもらうこと。どうしても「歯医者さんにキレイにしてもらおう」という方が多いのですが、自分でケアできないと長期的に歯を守っていくのは難しい。なので、歯に意識が向くような声かけをしています。

「どこに一番汚れがたまっていると思いますか?」
「どのアイテムなら、そこの汚れを落とせると思いますか?」


そうやって一緒に考えながらTBIを行なうと、回数を重ねるごとに心を開いてくれて、歯への意識も変わっていくんです。

“自分でケアできる”とわかると、患者さんはどう変わりますか?

松井さんの場合は、セルフケアでキレイにできるんだと実感されてから、使うアイテムがどんどん増えました。歯磨きの時間が長くなったと教えてくれましたし、最近は「もう歯磨きするのが趣味です!」とまで言ってくれて(笑)。

他の方も、反応が前向きになりましたね。部屋に入ってきたときの表情が明るくなって「今日頑張ってきました!」「自信あります」と言ってくれたり。「歯医者さんで治せばいいと思っていたけど、違ったんですね。根本的に考え方が変わりました」とおっしゃってくれた方もいました。

患者さんのモチベーションが良い方に変わって、お口もキレイになると、毎回染め出しするのが楽しいです! 患者さんも私も気持ちが上がっていって、お互いによかったなと思います。

患者さんも歯科衛生士も楽しいのは理想的ですね。関係性も変わりますか?

患者さん一人ひとりと向き合うことで、私を信頼してくださるようになった気がします。「実は歯並びを気にしていたけど、もう歳だからキレイにするのは無理だと思っていた」など、本音で話してくれる方が増えました。深い関係性の患者さんを増やしたかったので、それも叶えることができてうれしいです。

今後やっていきたいことはありますか。

今頑張ってケアしている患者さんも、気持ちが落ちてしまうときがあると思います。そういうときに適切なアドバイスをして、なるべく今の状態を維持できるようにしたい。そうして、むし歯になってから治すのではなく、健康な人が継続的に通える医院にしていきたいです。