歯科衛生士のためのフリーマガジン tuft club
歯科衛生士のためのフリーマガジン tuft club

NEW!   2019.5   vol.151

中身を覗く

※拡大表示はできません。
特集
歯を守るために、ずっと欠けていた視点
特集
歯を守るために、ずっと欠けていた視点
サイキンとワタシ
あなどるなかれ、細菌の“繁殖力”
DENTAL HYGIENIST PRESS
日野 紀子さん

tuft club vol.151

「このままでいい?」に
向き合った3名の歯科衛生士たち

令和元年、始まりましたね。「元号が改まる」という日本でしか味わえない“歴史が移り変わる瞬間”。時計の針はいつもと同じように淡々と刻まれるだけですが、気持ち的な高揚感を感じた方もいるはずです。

タフトくらぶのリニューアルも、時代の移り変わりをとても意識しています。新しい価値観が生まれ、人々の生き方が変化する中で歯科界はどうだろう?  歯科衛生士はどうだろう?  自分たちのポジションを「歯医者のお姉さん」から「歯を守るプロ」と捉え直しつつ、まだまだ言葉だけが浮いてしまっているようにも感じます。これからさらに新しい時代へと突入することを考えたとき、今歩んでいる道を地道にコツコツ進んでいていいのか、それとも何かしら軌道修正したほうがいいのか……。

今回の151号では自ら奮い立ち、行動に出た歯科衛生士たちにお話を聞きました。自分の限界を決めたくない、同じ場所で足踏みをしていたくない、このまま人生を終えたくない!  その強い想いを持った3名が、過去と現在、そして未来に向けた行動について感じていることを包み隠さず語ってくれています。

テーマは「歯科衛生士として成果を出し、イキイキと末永く働くためにどうしたらいい?」。新時代の幕開けとともに働き方・生き方を見つめ直すのも、なかなか良いと思いませんか?

タフトくらぶ編集部タフトくらぶ編集部

本誌を申し込む

※web会員の方は登録変更画面から「本誌の送付先」をお選びください。
※web会員でない方はweb会員の登録をして「本誌の送付先」をお選びください。

本誌とwebの使い分け

歯科衛生士として
働く意味を考えたい!

  • 本当の歯科衛生士の働き方が見えてくる
  • “求められる歯科衛生士”に必要な考え方がわかる
  • 多角的な視点から予防を捉えることができる

楽しく予防歯科について学びたい!

  • 現場で使える情報がたくさん得られる
  • 予防の知識がおさらいできる
  • 予防製品の購入ができる

本誌を申し込む

※web会員の方は登録変更画面から「本誌の送付先」をお選びください。
※web会員でない方はweb会員の登録をして「本誌の送付先」をお選びください。