歯科衛生士のためのフリーマガジン tuft club
歯科衛生士のためのフリーマガジン tuft club

NEW!   vol.155

中身を覗く

※拡大表示はできません。
特集
信念を持って、自分らしく働く
MIコミュニケーション
MI =Motivational Interviewing “引き出す”
コミュニケーションの世界
Health And Beauty
元気に美しく、100年を生きる
予防の解剖
リスク部位を徹底、解剖せよ! / 「糖尿病」

tuft club vol.155

“歯科衛生士”の枠にとらわれない

すっかり肌寒くなりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?
早いもので、この155号が今年最後の『タフトくらぶ』になります。4月にリニューアルして以来、患者さんとの関わり方やプラークフリーテクニックなど、さまざまな題材を扱ってきた本誌。1年の締めくくりとして今回特集するのは、“歯科衛生士の新しい働き方”についてです!

歯科衛生士の仕事内容を調べてみると、「器具を使って歯垢・歯石を取る」「小学校や老人ホームで歯磨き指導をする」「歯科医の診療のサポートをする」などが出てきます。どれも立派な仕事ですよね。ただ、これらの項目に縛られる必要はないはず。患者さんの歯と全身の健康を守るという目標に向かい、できることがあるならどんどん挑戦していっていいのです。 今回はそうした気づきを得た、3人の歯科衛生士にお話をうかがいました。彼女たちがどんな未来を思い描いているのか、患者さんとどう関わっていきたいのか。ぜひ本誌でご確認ください。

最後に、幕末の志士・坂本龍馬のこんな言葉を紹介します。

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある」

患者さんのため、医院のため、そして自分のために! 歯科衛生士という枠を超えて、できることはもっともっとあるはずです。

タフトくらぶ編集部タフトくらぶ編集部

本誌を申し込む

※web会員の方は登録変更画面から「本誌の送付先」をお選びください。
※web会員でない方はweb会員の登録をして「本誌の送付先」をお選びください。

本誌とwebの使い分け

歯科衛生士として
働く意味を考えたい!

  • 本当の歯科衛生士の働き方が見えてくる
  • “求められる歯科衛生士”に必要な考え方がわかる
  • 多角的な視点から予防を捉えることができる

楽しく予防歯科について学びたい!

  • 現場で使える情報がたくさん得られる
  • 予防の知識がおさらいできる
  • 予防製品の購入ができる

本誌を申し込む

※web会員の方は登録変更画面から「本誌の送付先」をお選びください。
※web会員でない方はweb会員の登録をして「本誌の送付先」をお選びください。