歯科衛生士のためのフリーマガジン tuft club
歯科衛生士のためのフリーマガジン tuft club

NEW!   vol.154

中身を覗く

※拡大表示はできません。
特集
セルフケアの成果につながる新提案
健康な歯を守る
DHに必要な”2本の柱”
予防の解剖
リスク部位を徹底、解剖せよ! / 「早産・低体重児出産」
MY OWN LIFE / DENTAL HYGIENIST PRESS

tuft club vol.154

宇宙と歯、いったいどんな関係!?

みなさん、最近夜空を眺めていますか?
秋の夜空というと、パッと思い浮かぶのが「中秋の名月」です。
月がちょうどいい高さに上がり、さらに空気が澄んでいるこの季節。

旧暦の8月15日は「1年で一番月がきれいに見える日」とされ、なんと9世紀ごろからお月見の習慣があったそうです(今年は9月14日でした)。ただ月を見るだけでなく、景色と合わせて楽しんだり、池に映り込んだ月を眺めたり、俳句を詠んだり。とても風流なイベントですよね。電気のなかった時代は、さぞかし月明かりが美しかっただろうと思います。

さらに今年は、NASAの宇宙船「アポロ11 号」が月に着陸し、人類が初めて月に降り立ってから50年という節目の年でもあるんだそう。なにかと夜空や宇宙に思いを馳せてしまいます。

なぜこんな話をするのかというと、実は歯も宇宙と無関係ではないから! NASAは昔、「無重力空間で、宇宙飛行士の歯がもろくなってしまう」という問題を抱えていました。そして宇宙開発という大きなプロジェクトの裏で、彼らの歯を守るにはどうしたらいいか? という地道な研究を行なっていたのです。

今回タフトくらぶで特集するのは、この研究がきっかけで生まれた成分「ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト」について。具体的にどんな効果があり、医院でどう役立てればいいのか。秋の夜長にじっくり読んでみてくださいね。

タフトくらぶ編集部タフトくらぶ編集部

本誌を申し込む

※web会員の方は登録変更画面から「本誌の送付先」をお選びください。
※web会員でない方はweb会員の登録をして「本誌の送付先」をお選びください。

本誌とwebの使い分け

歯科衛生士として
働く意味を考えたい!

  • 本当の歯科衛生士の働き方が見えてくる
  • “求められる歯科衛生士”に必要な考え方がわかる
  • 多角的な視点から予防を捉えることができる

楽しく予防歯科について学びたい!

  • 現場で使える情報がたくさん得られる
  • 予防の知識がおさらいできる
  • 予防製品の購入ができる

本誌を申し込む

※web会員の方は登録変更画面から「本誌の送付先」をお選びください。
※web会員でない方はweb会員の登録をして「本誌の送付先」をお選びください。