一般の方の声
T&Rデンタルクリニック(大阪府)に通う松井靖明さん

キレイに磨けるようになったら、もっと上を目指したくなった!

「歯はもちろん、自分の意識や行動が本当に変わりました」。そう話してくれたのは、T&Rデンタルクリニックに通う松井さん。ホワイトニングやトリートメントケアを受けながら、歯科衛生士さんとセルフケアの練習をしてきました。最近は「自分でキレイにできている」と自信が持てるようになり、セルフケアのレベルがどんどん上がっています。

「歯をキレイにしよう」と思ったきっかけは何ですか?

もともとすごいヘビースモーカーだったんです。1日1箱以上吸っていて、妻に「笑ったときに、歯が黄色い」って言われたんですよね。若い頃は歯が黄色い人を見て「おっちゃんだな」と思っていたけど、自分もそっち側に来てしまった(笑)。それで、禁煙も兼ねてホワイトニングをすることにしました。お金がかかることだし、白い状態をキープしようとしたら煙草をやめられるんじゃないかな、と。

ホワイトニングのあと、さらにトリートメントケアを受けられたんですよね。

ホワイトニングで満足したんですが、妻からまた指摘を受けたんです。「白くなってもすぐに着色するよね。表面がザラザラしているからじゃない?」って。

ホントかなぁ? と思いながら先生と歯科衛生士さんに相談したら、妻の予想通り。「歯の表面を整えるトリートメントケアというのがあるので、やってみませんか?」と声をかけてもらいました。

トリートメントケアを受けて、気持ちや行動に変化はありましたか?

トリートメントケアのプログラムでは、毎回染め出しをしてもらいます。赤い部分が減ったり、いつも染まっているところがワンタフトブラシで落とせるようになったり。そういう変化を歯科衛生士さんと一緒に確認すると、自分で磨けるようになっていくのがわかって「もっとキレイにしたい!」という意欲がわいてきました。

そうしてだんだんと、時間をかけてケアするようになったんです。一個やりだしたら、あれもこれもやりたくなって。今では歯間ブラシ、ワンタフトブラシ、洗口液などいろんな道具を駆使しています。時間もお金もかかっていますけど、それ以上に満足しているのでまったく苦じゃないんですよ。

今の日課は、出かけるときにマンションの入り口にある鏡で歯をチェックすること。「今日も白くてツルツル!」と確かめるのがささやかな楽しみになりました(笑)。

歯がキレイになって、この先目指したいことはありますか?

できるだけ長く自分の歯でご飯が食べたいです。義理の母がほとんど入れ歯で、硬いものが噛めなくて苦労しているんですよ。そういう姿を見ていると、歯を大事にしていかなくては、と思う。

長く健康な歯で過ごすために、できることはやっていきたいです。定期的に歯科衛生士さんに診てもらいながら、セルフケアにも引き続き取り組みたいと思います!