ゲームしながらダラダラおやつ食べるのが好き

北海道・DH/Kさんの体験談

サッカー部に所属する高校2年生の柴田くん。部活動の最中に前歯が折れてしまい来院しました。今までほとんど歯科医院に来たことがなく、むし歯はないけれどプラークはそれなりについています。破折の治療が一通りすみ、少しお口に興味がわいてきたようだったので、お話しを聞いてみることにしました。

柴田くん

「やっぱりむし歯にはなりたくないです」

「でもむし歯にならなければ歯医者に行かなくていいですよね?」

「ゲームしながらダラダラおやつ食べちゃってますね~」

むし歯になりたくないという気持ちはあるものの、おやつをダラダラ食べる習慣があることがわかりました。このままの生活を続けていると、いつかむし歯になってしまいそう。そこで再度こんな質問を投げかけてみました。

DH/Kさん

「むし歯がないお口ってどんなイメージ?」

「おやつの習慣を続けると、お口はどうなると思う?」

考える時間をつくると、「このままだとむし歯だらけで歯がなくなるかも!?」と気づいた柴田くん。そうならないように、おやつを食べる時間を決めることになりました。また、なにか食べたくなったらキシリトールのガムやタブレットを口に入れることに。「できる範囲でやってみます」とうれしそうに帰っていきました。破折の治療だけで終わっていたら、大変なことになっていたかも。普段の生活について聞くのは大切ですね。