朝から晩までお寿司握ってます

千葉県・DH/Mさんからの投稿

数か月前、「被せものが外れたので直してほしい」と来院された武田さん(50代男性・寿司職人)。他の医院で治療した被せもので、今のところ痛みはないそうでした。しかし口腔内をチェックすると、プラークコントロールが不良で、治療歯もたくさん! このままでは、また治療を繰り返してしまうかも。そう思い、プラークコントロールが悪い原因を探ろうと、普段の生活やオーラルケアについて聴いてみたんです。すると……。

武田さん

「寿司屋で働いているので、仕事中は何度も味見をします」

「本当は間食しないほうがいいんだろうけど、やっぱり仕事が大事なので」

「夜遅くまで仕事があるので、寝る前にちゃんと歯を磨けないことも多いです」

「今までたくさん治療してきたので、できればもうやりたくないですね」

どうしても間食の回数が多くなってしまうことが、原因だとわかりました。「できればもう治療したくない」とも話してくれた武田さん。かといって仕事内容はいきなり変えられません。今できることを一緒に考えていきました。

DH/Mさん

「味見のあと、何か気を付けていることはありますか?」

「仕事中、歯磨きはできなくても少し時間が空くことはありますか?」

お話をうかがうなかでわかったのは、武田さんが「味見をしたあと水で口をゆすいでいる」こと! そこで私は細菌に働きかける洗口剤についてお話ししてみました。武田さんも「洗口液なら気軽に取り入れられそう」と前向きに挑戦してくれました。

>帰り際に「今の生活のなかでも工夫しながら頑張ってみたい」と言っていただけたことが、とても印象的でした。健康な歯を守っていくには患者さんが自分でしっかりケアすることが大切です。でも「頑張って磨いてください」と言い続けるのは心苦しい。患者さんのセルフケアをサポートできるような提案ができてよかったです。