フィリピン
ララ・パガンさん(33歳)
国籍フィリピン 在日歴8年

[ フィリピン] ララさんのオーラルケアと国の歯科事情!

(2015年3月インタビュー)

留学のために来日し、日本での生活を気に入ったララさん。現在は語学力を活かして、会社員として活躍中!

オーラルケアでは、どんなことにこだわっていますか?

歯ブラシだけじゃなく、歯間ブラシやワンタフトブラシも使って磨くようにしています。

3種類も道具を使っているんですね! そこまでしっかりケアするのはどうして?

10歳のとき、両親が矯正治療を受けさせてくれたんです。「時間とお金はかかるけど、絶対ララの将来のためになるから」って。それがすごくありがたかったので、歯は大事にしなきゃと思っています。

フィリピンでは、矯正治療を受ける人は多いのですか?

わりと多いですね。フィリピンでは、“キレイな歯=白くてまっすぐ”という考えの人がほとんどなんです。だから日本にきてすぐの頃、ビックリしました。知り合った女の子が「八重歯のほうがカワイイでしょ」と言っていたから。

日本では歯医者さんに通っていますか?

定期的にクリーニングに行っています。細かい部分のケアも、そこで初めて教わりました。日本人は色々なことが細かく丁寧。電車も数分おきに遅れず来るし、仕事のマニュアルもきちんとしています。オーラルケアにも、それが表れているのかな。私もまめな性格なので、日本での生活がピッタリなんです。

キレイな歯でよかったと感じるときは?

お客さんと会うこともある仕事だから、口元のエチケットは大切なマナー。白くてキレイな歯だと、第一印象が良くなって仕事もスムーズに行くような気がしています。

素敵な笑顔で待ち合わせに現れたララさん。ざわめくオフィス街でもひときわ輝いていました。

教えてYOU

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS