キシリトール

患者さん一人ひとりに合わせたキシリトールの提案を

キシリトールの知名度は上がりましたが、日常的に摂取している人は少ないのが現状です。継続的に生活に取り入れてもらうには、よりその人に合った提案が欠かせません。今回はキシリトールの訴求ポイントを、属性別にご紹介します。

日常的に甘いおやつを食べる習慣がある人

「むし歯予防と言うと、“甘いものを控える”というイメージがありますよね。甘いものを食べながらできるむし歯予防がキシリトールです。甘さは砂糖と同じだけど、むし歯の原因菌を弱らせる力があります。しかもカロリーも少ないんですよ!

むし歯を繰り返している人

「むし歯を予防するには、毎日の歯磨きでしっかりプラークを落とすことが大切。キシリトールを摂取すればプラークがサラサラした性質に変化し、歯磨きしやすい口腔内環境がつくれますよ

6歳臼歯が生え始めた子どもをもつ親御さん

「6歳臼歯は永久歯に比べて脆く、むし歯になりやすいからしっかり磨くのが大事です。でも、仕上げ磨きを完璧にするのは難しいですよね。キシリトールなら取り入れるだけでプラークが落としやすい性質に変化。おいしいからお子さんも無理なく続けられます。歯磨き後のごほうびにもぜひ!

スポーツを頑張っている人

身体にとって大事なスポーツ飲料ですが、糖がたくさん含まれるため頻繁に飲むとむし歯ができやすい環境に。お口の環境は身体のパフォーマンスにも影響を与えるので、大切にしたいですよね! 定期的にキシリトールも摂取すれば、むし歯の原因菌を弱らせ糖を摂取してもむし歯ができにくい状態をつくれます」

受験シーズンの学生さん

「受験勉強お疲れさまです。勉強をすると脳が疲れて、甘いものを食べたくなることも多いですよね。そんな時はキシリトールがおすすめ! 甘さは砂糖と同じだけど、むし歯予防になる歯に良い甘味料なんです。キレイな歯は面接時のアピールポイントにもなりますよ

本日のまとめ

  • むし歯になる原因や予防したい理由は人それぞれ違います。
  • 一人ひとりの生活にあわせたキシリトールの付加価値を考えてみましょう!

はてなアイコン

あなたなら、どんな風に
患者さんの「やってみたい」を引き出しますか?

予防
2020.04.16

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS