SW型プラークコントロール

道具の選び方で効果は変わる?

リスク部位を適した道具で、最初にケアするスウェーデン型プラークコントロール。ピンポイントで磨けるならどんなアイテムでもいいかというと、そうではありません。世の中にたくさん存在するアイテムの中から、「きちんと成果が出せるもの」「健康につながるもの」を選んで提案することが重要です。あなたは、どんなふうに道具を選んでいますか?

今回は、ワンタフトブラシとデンタルフロスの選び方をご紹介します。

ワンタフトブラシの選び方

①毛束のカットが滑らかなもの
一見同じような形でも、よく見ると毛先がガタガタしているワンタフトブラシもあるので要注意!

滑らかにカットされているものは、歯間部などの狭いすき間にピタリ!細菌を残らず効率よく落とせます。

 

②毛の本数が多く、密に植毛されているもの
ワンタフトブラシは、「毛先をクルクル動かしながら汚れを粉砕し、上に吸い上げていく」のが正しい磨き方※。このとき、密に植毛されているワンタフトブラシのほうが吸い上げる力が強いため、汚れをしっかり落とせます。

※「毛細管現象」と呼ばれ、植物が水を吸い上げる仕組みと同じです。

 

③柄の角度が口の中に入れやすいもの
口を開けてサッと入れるだけで、磨きたいところに無理なく自然に当てられるものがベスト。

デンタルフロスの選び方

①歯肉に当たっても痛くないもの
デンタルフロスが続かない理由の一つは「痛いこと」。縁下に入れやすく、且つ歯肉にやさしく当たるものを選びましょう。

 

②縁下の汚れがしっかり取れるもの
繊維が少なくて細いものより、繊維たっぷりの太いフロスのほうが効果的。繊維の一本いっぽんに、縁下の細菌が絡みつきます。

最後に、スウェーデン型プラークコントロールのポイントをまとめておきます!

  • ●リスク部位をしっかり把握する
  • ●リスク部位から最初に磨く
  • ●その部位を適切にケアできる道具を選ぶ

ぜひ、患者さんに提案する際の参考にしてくださいね。

リスク部位の細菌をしっかり落とせて、且つ歯肉にもやさしいワンタフトブラシやデンタルフロス。詳細やご購入はメンバー専用ページをご利用ください!

予防
2019.04.19

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS