vol.3 何を使う?リスク部位のセルフケア

リスクの高い場所から最初に磨くスウェーデン型プラークコントロール。大切なのはまず、その人のリスク部位をしっかり把握すること。
そしてもう一つは、しっかりケアできるアイテムを使うことです。

vol.2でお届けしたリスク部位は、何を使うと効率よく細菌を落とせるのでしょうか。
一つずつ見ていきましょう!

①歯周病とカリエス両方のリスク部位

「上顎 大臼歯の隣接面・歯肉縁下」

3列歯ブラシだと、こうです。

どうしても届かない部分がありますね。
赤い部分に届かせようとすると相当のテクニックが必要になりますし、成果も出しにくそう。
そもそも、縁下にはまったく届きません。
きちんと届くのは……?

デンタルフロス

デンタルフロス!
歯と歯の間や歯肉縁下にも入れられて、しっかりと細菌を掻き出せます。
※歯間ブラシも確かに歯と歯の間に入りますが、縁下までは届きません。
「食べかす」ではなく「細菌を取り除く」という目的を考えると、デンタルフロスのほうが有効ですね☆

②「叢生部位」や「前歯の裏」

誰にとってもリスク部位というわけではありませんが、3列歯ブラシが当たりにくく、磨き残してしまいがちなポイントです。

これらの部位には、小回りの利くワンタフトブラシが大活躍!
患者さんが「落ちたかな? アレ? まだ落ちてない……」とストレスを感じることなく、スムーズに細菌を落とせます。

③お子さんのリスク部位

「萌出したての歯」
他の歯よりも一段低いため、ここもはやり3列歯ブラシが届きにくい場所。

萌出したての歯

でも、ワンタフトブラシを使えばピンポイントで磨けます。

いかがでしたか? 
こうして見ていくと、リスク部位とは「3列歯ブラシが届きにくい場所」だということが良くわかります。だからこそ、ピンポイントで磨けるアイテムを使うことがとても大切。

効率よく細菌を落とすことができ、歯磨きがラクで楽しくなります。もちろん成果もアップ!
スウェーデン型プラークコントロールは、患者さんにとって大きなメリットがある歯磨き方法なのです。

Vol.4では、ワンタフトブラシやデンタルフロスを選ぶ際のポイントをわかりやすくお伝えします。

予防
2019.04.15

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS