リスク

露出した歯根部リスクとその改善アイデアとは?

細菌がたまりやすく、むし歯や歯周病になりやすいリスク部位。大臼歯隣接面のように誰もが気を付けなければいけない部位の他に、年齢や生活環境によって危険度が増す部位も! 今回は、高齢になって露出した歯根部のリスクとその改善アイデアをご紹介します。

リスクが高まる理由

①溶けやすい性質

露出している歯根部は象牙質。歯冠部のエナメル質に比べて臨界Ph値が高く、カルシウム濃度が低いために脱灰しやすい状態です。

イラスト

②根分岐部はとくに磨きづらい部位

根分岐部は形状が複雑で、露出している歯面のなかでもブラッシングがしづらい部位。また象牙質は痛覚があるためしみやすく、無意識に避けて磨いてしまうのでプラークが残りがちです。

③ブラッシング圧の調整が必要

歯肉退縮の原因が磨きすぎの場合、「やさしく磨いてください」とお伝えしがちですが、「やさしい」のレベルは人によって異なります。どのくらいの圧がベストなのか理解してもらわないと、再びゴシゴシ磨かれて歯肉の退縮が進んでしまうことも。

改善アイデア

①歯肉にやさしい&ピンポイントにケアできるアイテムを選ぶ

歯肉退縮の原因が磨きすぎの場合、歯ブラシは歯肉にやさしいものがおすすめです。さらに複雑な形状の根をケアできるよう、毛先が細いものを選ぶといいでしょう。また患者さんが使っている歯磨き粉の成分も要チェック。象牙質は削れやすいため、低研磨のものがベターです。

②「やさしく磨く」の定義を明確に

「1-2週間で毛が広がってしまう=強すぎる」とお伝えしたり、適度な圧でブラッシングした場合の「感覚」と「音」を術者磨きで体感してもらうなど、基準を示すと家でもケアしやすくなります。

≪それでもゴシゴシ磨きたい方へ≫

なかには、「ゴシゴシ磨くのが好き」「硬めの歯ブラシでないと磨いた感がない」とおっしゃる患者さんもいるかと思います。そんな時は……

  • ・ゴシゴシ磨きを続けるとどうなるか視覚でお見せする(傷ついた歯肉の写真など)
  • ・パームグリップならペングリップに変えてもらう
  • ・磨き始めは集中力が高いため圧が強くなりがち。圧が強い時にケアしづらい舌側を磨いてもらう
  • ・磨いた後に爽快感のある洗口液などを追加してみる

歯根部はリスクが高くケアが難しい部位ですが、攻略しがいがある部位と捉えて、前向きにセルフケアに向き合える流れを作れるといいですね!

本日のまとめ

  • 露出した歯根部は、溶けやすく磨きづらい
  • 歯肉にやさしく、ピンポイントでケアできる毛先の細いアイテムを
  • まずは「やさしく磨く」の具体的な感覚を体感してもらう 

検索アイコン

Learn more

リスクが高い部位について詳しく学びたい方には・・・
「スウェーデン型プラークコントロールセミナー」がオススメ!

予防
2020.03.12

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS