本当のPMTC

歯科衛生士ならおさえておきたい! アクセルソン博士の「97.7%の確率で歯が守れた研究」

“予防の父”と呼ばれているスウェーデンのペール・アクセルソン博士。彼は30年にわたって行なった“成人に対する長期予防臨床研究”で、97.7%の確率で歯を守れることを立証しました。今やその方法は世界に広がっています。具体的にどういう研究だったのでしょうか?

研究のはじまりは、“リスク部位”への注目

今でこそ予防歯科先進国といわれるスウェーデンですが、1970年代は「むし歯の洪水時代」といわれるほどむし歯が蔓延していました。開業医として多くの口腔内を診ていたアクセルソン博士は、ある疑問を持ちます。
「むし歯や歯周病はなぜ、年齢を問わず“ある部位に集中して発症”し、ある部位には発症しないのか」。
そこで、以下の仮説を立てたのです。
口腔内全体を清掃するのではなく、プラーク(細菌の塊)が蓄積しやすいところを“リスク部位”として集中的にクリーニングする。それが、むし歯や歯周病から歯を守るための本当のケアになるのではないか?
30年にわたる研究のはじまりでした。

ポイント歯列や咬合、磨き方などによって一人ひとりプラーク(細菌の塊)が蓄積しやすい箇所は異なります。しかしながら多くの人に共通している部位があるのも事実。以下がその部位です。
・臼歯隣接面及び歯肉縁下
・下顎舌側の歯頚部

30年間の研究で失った歯は平均0.6本

1972年、スウェーデンのカールスタッド市に住む375名を対象に研究を開始します。定期的に来院してもらい、次の3つのことを行ないました。

  • ●バイオフィルムの除去
  • ●リスク部位を伝え、自己診断力をつけてもらう
  • ●リスク部位にあわせたセルフケアをレクチャー

その結果、30年の間に彼らが失った歯は平均で0.6本。しかも喪失の原因は歯の破折によるもので、むし歯や歯周病で失った人は1人もいなかったのです。カールスタッド市は予防歯科実験都市と呼ばれ、むし歯減少率の世界記録を達成しました。この30年間の臨床データをもとにして2004年に発表された論文は、そのころ世界に出た「予防歯科に関係する論文の中で最も優れたもの」として選ばれています。

日本でも“予防歯科”という言葉は広まりましたが、まだまだ「年をとったら入れ歯になる」という認識で諦めている人が多く見られます。しかし健康な歯を生涯守れることは、すでに実証済みです。それも患者さんが自己診断力をつけ、セルフケアとプロフェッショナルケアの両方からリスク部位をケアするだけで! スウェーデンと日本では保険制度や文化など異なることは多々あります。すべてがスウェーデンのようにはいかないでしょう。ただ「リスク部位への着目」が、今より患者さんの健康な歯を守れることは明らかです。やらないのはもったいない!

ペール・アクセルソン博士

Prof. Axelsson D.D.S.,ph.D.
ペール・アクセルソン博士

元スウェーデン・イエテボリ大学歯学部教授。PMTCの生みの親。1960年に王立ストックホルム大学歯学部卒業後、王立イエテボリ大学歯周病学教室にてリンデ教授に師事し、1978年にカールスタッド市歯科保健センター所長と歯科衛生士学校校長を兼務。スウェーデンの予防歯科を牽引してきた。

●もっと詳しく知りたい方は…●
DVD&書籍『予防の哲学とエビデンスに基づいた臨床歯科予防』

アクセルソン博士の予防哲学と予防プログラムのすべてが学べるDVD。97.7%歯を守るための考え方と高い効果の予防が身につきます。
詳細はこちら

予防
2019.09.27

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS