ジンジバル

Vol.1歯周病菌はどうやって歯周組織に症状を起こす?

ジンジバル・プラークとは、歯肉縁上・縁下1~2mmに付着したプラーク(細菌の集合体)のこと。歯周病を防ぐには、このプラークを取り除くことが必要です。

歯周病菌が歯周組織に症状を起こすまで

歯周病の原因になる細菌は、酸素を嫌う(嫌気性菌)のため、酸素の届かない歯肉溝(サルカス)の中で生活しています。

ジンジバル・プラークコントロール①

滲出液に流されないよう、綿毛を使って歯にピタッと付着。

ジンジバル・プラークコントロール①

歯周病菌はさまざまな菌とスクラムを組んで、どんどん増え、強くなっていきます。

ジンジバル・プラークコントロール①
これがバイオフィルムです。

滲出液の中には、身体を守る免疫細胞がいて、歯周病菌と戦いますが……。

ジンジバル・プラークコントロール①

歯周病菌がバイオフィルムの中にいると、免疫細胞に見つかりにくいのです!

歯周病菌が歯周組織に症状を起こすまでのポイント

  • ・歯周病の原因となる細菌は、歯肉縁上・縁下1~2mmのところに存在する。
  • ・細菌は蓄積していくとバイオフィルムとなり、外毒素・内毒素をだす。
  • ・歯肉溝の細菌を取り除くには、デンタルフロスを使ったケアが必要。
予防
2019.03.13

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS