患者さんの歯を“本当に”守っていくための、正しい知識と実践のスキルを楽しく学べるこのコーナー。
今持っている知識をより確かなものにし、日々の臨床現場でどんどん活かしていきましょう!

コミュニケーション

患者さんのセルフケアを習慣化するヒント集 ~フォロー編~

予防

2020.07.30

1/4ページ

バックナンバー

2020

2019

スウェーデン型プラークコントロールとは?
注目! カリエス・ペリオになる“リスクが高い部位
ここだけはおさえておきたい! ワンタフトブラシとフロスのポイント
“聴く”から始めよう!
セルフケアの実践に必要なコミュニケーション
細菌のたまりやすい2つのリスク部位
細菌の繁殖に気をつけて! 「2日目」のリスク
予防の父・アクセルソン博士の言葉から学ぶ「リスク部位に注目すべき理由」
歯を守っていくために欠かせない、「自己診断力」!
歯科衛生士ならおさえておきたい! アクセルソン博士の「97.7%の確率で歯が守れた研究」
患者さんがフロスをしたくなる!? 顎模型の使い方
患者さんがフロスをしたくなる!?  口腔内写真の見せ方
キシリトールを選ぶ前におさえておきたい2つのポイント
キシリトールは、歯を溶かす「アレ」を出さない!?
キシリトールを取り続けると、ミュータンス菌はどうなる?
悪玉ミュータンス菌がキシリトールを食べると……?
歯周病菌が増えたとき、免疫細胞はどう動く?
歯周病菌は歯肉溝の中で何をする?
キシリトールと砂糖はどうちがう?
道具の選び方で効果は変わる?
3列ブラシが届きにくいリスク部位のオススメは?
隣接面の縁下はフロスでケアできる!?
バイオフィルムはどこ? 染め出し時のポイント
“簡単”かつ“適確”にリスク部位をケア!プラウト
歯周病菌はどうやって歯周組織に症状を起こす?

SPECIAL CONTENTS SPECIAL CONTENTS