ペリオになるリスクが高い部位は?

細菌がたまりやすく、むし歯や歯周病になる可能性が高い“リスク部位”。ここでは、ペリオのリスクが高い部位を詳しくみていきます。

index

1.歯周病菌はどこにいる?

むし歯と同じく、歯周病も細菌に感染することによって引き起こされます。歯周病の原因となる菌は複数あり、どれも酸素が苦手なのが特徴。酸素の届かない歯肉縁下に浮遊しています。そして歯肉縁下にバイオフィルムができると、くっついて数を増やしていきます。

歯肉縁下のなかでも、細菌がたまりやすいのが隣接面の歯肉縁下です。こちらの図をご覧ください。これは、歯肉縁下のバクテリア数を測ったもの。

隣接面のバクテリア数が多いのがわかります。バクテリアが多いということは、歯周病菌もたくさんいるということ。つまり、隣接面の歯肉縁下に歯周病菌は多く存在するのです。

2.ペリオのリスク部位: 上顎大臼歯隣接面・縁下

そして隣接面の歯肉縁下のなかでも、ペリオのリスクが高いのが上顎の大臼歯隣接面です。

大臼歯は隣接面が広く、歯ブラシや唾液が届かない面積が広いので必然的に細菌がたまりやすくなっています。なかでも上顎大臼歯は、根が3本あり形状が複雑。より細菌が取り除きにくく、ハイリスクになっています。
ここは歯ブラシが届かないので、フロスでのケアがおすすめ。またケアするときは、最初に上顎大臼歯隣接面からフロスを通すといいでしょう。集中力の高い最初のうちに取り掛かることで、効率的にバイオフィルムを落とせます。

おさらい

  • 歯周病菌は酸素が苦手なため歯肉縁下に生息
  • なかでも隣接面の歯肉縁下にひそんでいる
  • ペリオの1番のリスク部位は、上顎大臼歯隣接面・歯肉縁下
参考文献

ペール・アクセルソン『本当のPMTC その意味と価値』発行元オーラルケア