知っておきたい! 歯周病と口臭の関係

歯周組織に炎症が起きる歯周病。歯や体に影響を及ぼすだけでなく、「口臭」の原因にもなります。しかも、普段の生活や人間関係に大きく関わってくるので、患者さんにとっても重要なテーマです。

index

1.口臭の3つの原因

「口臭」とひとことで言っても、その原因はさまざま。大きくわけて3つあります。

外因的口臭
ニンニクやネギ、玉ねぎなど。強い匂い成分が含まれる食品を食べた後の口臭です。

生理的口臭
朝起きてすぐや空腹のとき、緊張しているときなど。唾液の分泌が減って口腔内が乾燥し、一時的に細菌が増えたことで発生する口臭です。

病的口臭
口腔や喉、呼吸器、内臓などの病気が原因で発生する口臭です。なかでも、口腔の病気が原因になっているケースは全体の9割を占めるといわれています。

患者さんの口腔内を診ていて匂いが気になったとき。または患者さん自身が「気になる」と訴えるときには、何が原因になっているかをしっかりと見極めることが大切です。

補足

最近では、実際には口臭がないのに「ある」と思い込んでしまうケースも増えています。ストレス過多や精神的に不安定な人、神経質な人に起こりがちです。
そうした患者さんには、お口の中を診たうえで「口臭の原因になる症状はないこと」を明確に伝えましょう。また、口臭測定器などを使って客観的な数値で示すのも安心材料になります。それでも思い込みから抜けられない患者さんには、言葉を選びつつ心療内科などの専門医院を受診するよう勧めることも大切です。

2.歯周病はナゼ匂う?

食べ物による口臭や唾液減少による口臭は一時的なものであり、あまり心配はいりません。気をつけるべきは「病的口臭」。なかでも一番多く、匂いも強いのが「歯周病」由来の口臭です。なぜ、歯周病だとお口が匂うのでしょうか?

歯周病のとき、口腔内には歯周病菌がたくさんいます。
歯周病菌は、口腔内の食物残渣などに含まれるタンパク質やアミノ酸を食べて生育。血液に含まれる鉄分も大好物で、ポケット内などの出血しているところに集まってせっせと食事します。

そして、栄養分を摂取した細菌たちは次々と“おなら(揮発性のガス)”をするのです。これが、口臭の正体! おならをする細菌の数が多ければ多いほど、匂いも強烈です。人間がご飯を食べて消化吸収をし、おならをするのと同じですね。

3.歯周病由来の口臭はどんな匂い?

歯周病による口臭はとても強烈です。その成分を調べてみると、「三大臭素」と呼ばれるものが含まれていることがわかります。

●メチルメルカプタン……玉ねぎが腐ったときのような匂い
●硫化水素……卵が腐ったときのような匂い
●ジメチルサルファイド……キャベツが腐ったときのような匂い

そしてこれらはすべて、揮発性(ガス)。歯周病の進行具合によってどの匂いが強く出るかは変わりますが、「くさい」ことに変わりありません。口からフワーッと漂うため、本人よりも周りの人が先に気づくことも多いでしょう。

伝え方のポイント

口臭のある人にそれを指摘するのは非常にデリケートな問題。多くの歯科衛生士が悩むポイントです。その人の状況や性格などを読み取りつつ、次のような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

  • ●「歯周病ってこんな匂いがするんですよ」と客観的な情報を示す
  • ●歯周病があることを伝え、口臭の“可能性”があることを伝える
  • ●「あなたのお口が匂う」ではなく、「細菌が匂いを出している」と伝える
  • ●紙コップにハーッとしてもらい、患者さん自身にチェックしてもらう

4.歯周病予防=口臭予防

一般の人が口臭対策として取り入れがちなのは、ミント系のタブレットやマウスウォッシュ。でもご存じのように、それらは“匂いを隠す”だけで、本当の予防や改善にはなりません。

口臭の原因がお口の中で増える歯周病菌であるなら、予防や改善の一番の近道はやはり、毎日確実に歯周病菌を取り除くこと!そのことをきちんと伝え、細菌を取り除く方法やアイテムを提案しましょう。

歯周病予防は口臭予防。患者さんの健康だけでなく、日々の生活や人間関係をより良く保つことにもつながっています。

おさらい

  • 口臭の原因として一番多いのが、口腔内の疾患
  • 匂いの正体は、歯周病菌の“おなら”
  • 歯周病由来の口臭は、腐った卵や野菜の匂い
  • 歯周病菌を取り除くことが、口臭予防になる
参考文献

NPO法人 最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会/『あの人のお口がにおったのはナゼ? 世界一やさしい歯周病の本』