フッ素の具体的な効果って?

むし歯予防と聞いて、まっさきにフッ素を思い浮かべる患者さんは少なくありません。どのような効果があるのかしっかり説明できるように学んでいきましょう。

index

1.歯が溶けにくくなる

フッ素は、歯の表面のエナメル質に取り込まれることで、主成分であるハイドロキシアパタイトの構造をしっかりと安定させます。これによって歯の質が丈夫になり、酸に溶けにくい歯がつくられていくのです。

また、唾液中に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンと一緒に、酸に攻撃された歯の表面にくっつき、再石灰化を助けて脱灰部分を元に戻そうとする働きがあります。さらに細菌に働きかけ、酸をつくられにくくするという効果も。

萌出したばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質があります。子どものうちから習慣的に使うとよいでしょう。

2.フッ素は安全?

フッ素は緑茶やワカメ、エビ、イワシなど海産物に多く含まれます。私たちが普段から身体に取り入れている必須要素の一つです。もちろん誤った使い方をすれば身体に害を与える場合もありますが、それはどんな医薬品でも同じこと。正しい使い方をすれば問題ありません。

3.“フッ素=予防”ではない

フッ化物入りの製品には、フッ化物入りの歯磨き剤、歯磨き後に歯ブラシにつけて塗るジェルタイプ、歯に吹きかけるスプレー式、水に溶かしてゆすぐものなどさまざまあります。患者さんの生活スタイルや歯磨きの方法に合ったものを選びましょう。

フッ化物を提案する際に、意識して伝えたいのは「フッ素を塗っておけば完璧にむし歯が予防できるわけではない」ということ!カリエスの予防で一番大切なのは細菌を取り除くことであり、歯ブラシやフロスを使わないとできません。そこをきちんと理解してもらう必要があります。

4.フッ素の使い方

①まずはいつも通り歯磨きします。
②フッ素を塗布します。歯ブラシにのせたり、スプレーで吹きかけたりして、お口全体に行き渡るようにします。
③使ったあとはうがいをせずに、軽く吐き出します。30分間はうがいや飲食をひかえます(唾液によってフッ素がうすまらないように)。

実践のヒント

フッ化物配合と書かれていない場合でも、フッ化物入りの歯磨き剤はあります。

  • 「フッ化第一スズ(SnF₂)」
  • 「モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)」
  • 「フッ化ナトリウム(NaF)」
  • などの表記があれば、フッ化物入りです。
おさらい

  • フッ素は歯を溶けにくくする
  • フッ素は食物にも含まれており安全
  • フッ素を塗っていれば大丈夫というわけではない。歯ブラシとフロスが大切
参考文献

ベンクト・オロフ・ハンソン/ダン・エリクソン『トータルカリオロジー』発行元オーラルケア

learn more

フッ化物についてもっと
詳しく学びたくなったら

オンラインセミナーへ