Goodbye Perio projectGoodbye Perio project

一緒に“歯周病罹患率ゼロ”を目指しませんか?一緒に“歯周病罹患率ゼロ”を目指しませんか?

ABOUTABOUT

GoodbyePerioプロジェクト
(通称:グッペリ)とは?
“日本人の歯周病罹患率8割”という悲しい現実を変えるため、2012年に発足した歯科衛生士主体のボランティア団体。
デンタルフロスを使った歯周病予防の方法をお伝えし、健康で元気な人を増やしていくのが目的です。
全国の歯科衛生士が“自立した一人の歯のプロフェッショナル”として、医院の内外問わず活動しています。

活動のフィールドはたくさん!

家族や友人など身近な人に歯周病予防の大切さを伝えるのはもちろん、
メンバーが集まってイベント形式で行なう機会も♪

AREAAREA
地域で

地域のイベントにブースを出展。
にぎやかな雰囲気の中、普段医院には通っていない方ともお話しするチャンスです。

SCHOOLAREA
学校で

学校行事や部活動の際に、時間をもらってお話をします。
保護者の方にも参加していただく場合も。

DONOR ROOMAREA
献血ルームで

献血に来る健康観の高い人たちに、全身疾患とのつながりをメインにお話しています。毎月行なっているので、リピーターの方もいらっしゃいます。

他にも一般企業や、親子教室、歯科衛生士学校など、活動の切り口はさまざまです。
自分で主催するのも、メンバーや事務局が企画したイベントに参加するのもアリ!
歯周病予防を広めつつ、医院の中では味わえない特別な経験ができます。

INTERVIEWINTERVIEW

飲み会すら企画したことのない私が、
グッペリ活動を主催!

仙北谷 依里さん/東京都

先日、某企業の運動会で、グッペリ活動が行なわれました。
企画してくれたのは、ここの社員であり、グッペリメンバーでもある仙北谷依里さんです。
自分から何かをするのが苦手だった仙北谷さんですが、

Goodbye Perioプロジェクトに参加したことで

一歩踏み出す勇気が湧いてきたといいます。

活動に参加するうちに、「自分も何かできないかな?」って

Goodbye Perioプロジェクトには、1年くらい前から参加しています。ちょうど去年のデンタルショーのときに声をかけていただいて。現場は離れているけれど、自分も何か役に立てることがあるんじゃないかと思ったんです。実際に参加してみると、みなさんすごくフレンドリー。話を聞いている一般の方も楽しそうだし、とてもやりがいがあります。

そうして何回か活動に参加するうちに、だんだん「自分でも何かできないかな?」って考えるようになりました。とくに会社の人たちに対して、なにか落とし込みたい、歯周病のことを知ってもらいたいって思うようになったんです。最初はぼんやりイメージを膨らませていただけでしたが、会社で運動会があること、そこに健康を啓蒙するブースがいくつか出ることを知って。「そこにグッペリも混ぜてもらえばいいんじゃないか!?」とだんだん具体的に考えるようになったんです。

ただ、自分で声を上げるのが不安でした。私はあまり前に立つタイプじゃないんです。裏方とか、サポートする側のほうが性に合っているし、安心できる。飲み会すら企画したことないんですよ(笑)。自分から何かを企画するっていうことに苦手意識があって、ちゃんと主催できるのかな?と不安だったんです。

「ぜひ来年も」と声をかけてもらえました!

そんな私が結果的に企画を立ち上げられたのは……。もちろんグッペリ事務局の方がサポートしてくださったのもありますが、一番は他のメンバーさんの姿を見ていたから!みなさんが一生懸命歯周病予防の大切さを伝えているのを見て、「自分もちゃんとしなきゃ、頑張らなきゃ!」って奮い立ったんです。

勇気を出して会社の方に「運動会にグッペリも出展させてほしい」と相談すると、すぐに承諾いただけて。急に歯車がカチッと噛み合ったみたいに、活動が実現に向かって動き出しました。

結果は大成功でしたよ!たくさんの方が足を運んでくれて、「ぜひ来年も」と声をかけてくれました。少しでも会社の方に歯周病やフロスについて知ってもらえたと思うとうれしかったですね。失敗もあったかもしれないけれど、本当にやってよかったです。

それに、自分としても可能性の幅が広がった気がします。いきなり100人の前でセミナーとかは無理ですけど、少人数で行なうブースならできるかもって自信が持てた。過去の自分ならこんなこと考えなかっただろうなと思いますね。今は「もっとやりたい」「他にできそうな場所はないかな」って意識を張り巡らせています。

もし私みたいにモジモジしている方がいたら、ぜひグッペリに入ってほしいです。きっと背中を押してもらえると思うから。私も決して主体的に何かやることが得意ではなかったけど、こうしてやれたよってことをお伝えしたいです。

続きを読む

VOICEVOICE

歯周病予防の話を聞いた一般の方からは、こんなありがたい感想が届いています。

家庭で家庭で
「ママ友の歯科衛生士(グッペリメンバー)がうちに遊びに来たとき、娘にフロスの使い方を教えてくれました。模型を使って遊びながらやったのが楽しかったみたいで、以来娘はお口のケアが大好き。私に言われなくても歯磨きするし、2人のお兄ちゃんにフロスの使い方を教えていたことも!ママ友に感謝ですね」(主婦Sさん)
学校で家庭で
「友達のお母さん(グッペリメンバー)から聞きました。それまでは、むし歯がないから安心していたんですけど……。歯ぐきの中に細菌がいるって教わって、きれいにしたいと思うようになりました。実際にフロスを使ってみたら、スッキリして気持ちいい!今は時間があるときに、お風呂でゆっくりフロスしています」(高校生Aくん)
献血ルームで家庭で
「献血に来たとき、たまたま立ち寄りました。顕微鏡で歯ぐきの中の細菌が動いているところを見せてもらって、一緒にフロスの使い方を練習してもらって。一度フロスしてからまた顕微鏡を見たら、細菌がすごく減っていたんですよ。これは毎日やったほうがいいなと思いました」(会社員Iさん)

活動を通して得られること

参加してくれた人、大切な人を笑顔にできる!
一般の方と直接会うことで新たな気づきを得られる
他のメンバーの提案方法が医院で活かせる
充実感、達成感が得られる
歯科衛生士という職業に誇りが持てる
……and more!

こんなDHにおすすめ

歯周病予防の方法を広めたい!

医院の中だけじゃなく、ずっと“歯科衛生士”として生きたい

歯科衛生士と横のつながりをつくりたい

他の歯科衛生士がどんなふうにフロスの話をするのか知りたい

あなたも参加してみませんか?

メンバー登録後の流れ

まず提案用フロアフロス『スタートアップ』5mを12個とメンバー専用HPのパスワードが届きます。

専用HPからはフロス提案用の動画やスライドがゲットできます♪

このフロスを使って家族や友人、患者さんなど身近な人に歯周病予防の大切さを伝えましょう!

自分で活動を主催したり、他のメンバーや事務局が主催した活動に参加するのも大歓迎です!

フロスを提案で使い切ったら、メンバー専用HPに簡単なレポートを投稿すると、追加で5mフロスが12個届きます。そのフロスを使って再び提案を!